2011年07月19日

【4】 『ゆるみ』 崩れ 流れ 動く

「タユタイ ウネリ タダヨウ」と名付けたこの動き。まさに『海』である。進化の過程で、海洋の環境をからだの内部に包容し陸に上がって来た生物の、先祖(海)帰りの動きかも知れない。


これ(ヨツバイのうごき)も、皆の前でやって見せるとひどく驚かれる動きだ。「!?」・「不思議!」・「やわらかい?」と、見ている人達の息を呑む雰囲気が伝わって来る。私も自分のこの動きを見るのは初めて。

(こんなに手軽に自分の姿を撮影して見ることが出来るなんてなにやら「!?」なのだが!?これ携帯電話で撮影)

この動きを見て、私も驚いた。胴体の柔らかさと軽さ。変幻自在の動きは、まるで海中の軟体動物のように柔らかい。けれども液状の変化につきものの粘度(ねばり)がない。かと云ってサラサラでもない。むしろ、軽くてあっさりとした質感とでも云おうか。「柔らかさ」と「軽さ」を同時にもつ動きは、他のものでは喩え難い。

他のもので喩えられないので、その感じを『ゆるみ』と名付けた。

この動き、こんな格好をしてやろうと、意気込んで(意識して)やっているわけじゃない。

先ずは、腕二本・肢二本の合計四本を柱にして地面に垂直に立てる。この柱にハンモックをかけるように、胴体を吊り下げる。

四本の柱が垂直にバランスよく立っていると、姿勢を維持する筋肉の緊張はほとんど必要が無くなる。とくに胴体は姿勢を保つための緊張からまったく開放されて、ハンモックやロープのように柱の間に吊り下げられ『ゆるみ』垂れ下がる、ちょっとの風や、押しやる力でユラユラと揺れ始める。

一人で動くときは、充分にからだを緩めた状態で、ほんの少しバランスを崩してやると、からだの中身が流動し始める。ある方向に流れ行くに任せておくと、からだ全体のバランスが崩れる手前で、バランスをとりもどす方向への動きが返ってくる。そして新たなバランス地点を通過して、また何処へかと流れ行く。からだの流れはあらちへこちらへと、風の吹くまま気の向くままに、行ったり来たり。水平方向だけでなく、鉛直方向(地球の中心方向)に向かって流れれば、反動で天に向かって流れ行く。変幻自在・自由自在な動きとなる。タユタイ ウネリ タダヨウ。

判り易いところでは、象の歩み行く姿・スプリンターの走る姿等々、動物の動きは流れによってバックアップされている。流れはバランスが崩れることで始まる。バランスが崩れるためには『ゆるみ』が必要である。『ゆるみ』は動きの母胎である。こえ(発声)もこの流れの顕在化したものである。

意識とその指示による筋肉の緊張の役割は、流れのコントロールにある。このことはまたの機会に。ともあれ、動くときには、筋肉の緊張に意識を使うのではなく、からだの『ゆるみ』意識を向けて見て欲しい。動きの楽しさが脹らんでくるかも知れ無い。

自由とはからだの内なる自然の流れに身を任せることか!




posted by セトジマミツル at 00:23| Comment(0) | ストレッチ体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。