2011年07月26日

【7】 『四股の動き』

「四股のポーズ」である。でも私は「ポーズ」と呼びたくない。ポーズは静止を意味するから。

「四股の姿勢」ならば、姿勢は姿(すがた)と勢(いきおい)で、外形(みてくれ)だけでなく、姿から溢れ出る勢い(=内的な不可視の「動き」の現れ)が言葉に含まれるから。


私的には『四股の動き』と呼びたい。やっている実感で云うと、足裏から頭頂・指先まで力(『ゆるみ』の沸騰=「動き」)が満ちている。「動き」は内部から外部へと発散し拡がって行く。

前置き長いけどやってることは簡単!

正面から見ると、足首が直角、膝が直角、股関節が直角、腕が胴体に直角、つまり四肢の全てが胴体に直角になる。足裏・腿・両腕の肩から指先まで、それぞれが地面と水平になる。

真横から見ればからだ全体が平面(鉛直面)に平らに収まる。胸を張り上げたりお尻を突き出したり、顎を上げたりは禁止。足先は出来る限り真外を向く。

立て看板に等身大の「大」の字を書いて横からみたら厚みがない。そんなつもりで立つ。実際にはできないに決まってるけど「つもり」になるのが大事!

前後のバランスがギリギリ保てるくらいの不安定の中で立つ。腰を落とし込むのが大変ならば無理に深くする必要はない。股関節の直角は徐々に馴らして行けば良い。

「立」の字は人が立った姿を表す「大」の字に地面を表わす「_」(下線)を付け加えたもの。四股(シコ)は、立つことの練習。

視線は正面はるか遠く水平線に置いて、視界は背後まで広げる。指先も無限の彼方に伸びる。

ハアハアしてくるのを肩を降ろして腹・脚に堪(こら)えて、短時間で良いからからだ(姿勢)が『決まる』のを意識してストップモーション。10秒でも長いかも。

繰り返す度に足腰やからだの感じが少しずつ変わって来るのが分かる。腰を上げて二本足で立つと自然に息(呼吸)が深くなる。地に足が着き視野が広くなる。

からだの内圧(『ゆるみ』)によって全身の筋肉が隅々まで張り詰める動きである。

注意して欲しいのは、縮こまった筋肉が引き延ばされ痛みを伴う場合がある。そのときは時間を短く回数を少なく、段々に馴らして行くこと。(この痛みは「良い痛み」)

裂傷や挫傷や神経に触れたような痛み(「悪い痛み」)のときは、動きを止めて他の『ゆるみ』の動きで一番気持ちの良いのを丁寧にやって、自分のからだとの『ゆるみけーしょん』を深めてから再度挑戦してみて欲しい。

効果の程は云々せぬが先ずはお試しあれ!健康法やからだの基礎作りには最高のポーズ。アンチエイジングやストレス解消・メタボ対策にも、何でも御座れの動きである。


[豆知識:固体・液体・気体を物質の三態と云うが、気体は分子間の距離(=隙間=『ゆるみ』)が最大となる]




posted by セトジマミツル at 23:16| Comment(0) | ストレッチ体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。