2011年08月07日

【10】 『膝で胸を打つ』

「お尻の妙なる響き」が片足で立つ練習とすれば、こんどの動き「膝で胸を打つ」は歩く(走る)練習。

歩くときは、地面を踏む反動(反発力)が体重を支えている。地面を踏む反発力とからだの重さ(重力)がうまく釣り合っていれば、筋力によってからだを持ち上げ続ける必要はない。(いくら歩いても疲れない)

また、姿勢を支えるのは呼吸による内圧と骨格である。ここでも筋力は姿勢の微調整役だ。(頑張りのないの伸び伸びとした姿勢)

推進(前進)力は、進行方向に向かう惰性(慣性運動)と、脚をを前方へと振り出す直前に足先で地面を蹴るスナップ力である。

解説が長いけど、この動きはこのくらいの前置きがないと、何がなんだか判らないと思う。





なんと云っても動きが軽い!振り上げられた(投げだされた)脚は胸に向かって弧を描くように折り畳まる。そのまま真下に落下しながら弧を描き前方に一歩踏み出される。

踏み出された足に体重が移動することで、地面からの反動を受けたからだはその勢いで新たに直立し、反対側の脚が振り上げられる。繰り返しである。

連続で動いている映像を良く見ると、脚先(足)が円運動をしているのが判る。まるで両足が交互に車輪の両輪の役割を果たしているように。

そして振り出される直前に後ろ足先は、足先のスナップで進行方向へと地面を蹴っている。これが推進力となる。

歩くときは、足(先)の回転ライン(円)が、半ば地中を通過している。走る時は高速艇が水面から浮き上がって水上に船体の全容を表わすように、回転ラインは地面を転がり出す。

走る早さを求めるならば、この回転ライン(車輪)の回転数をどれだけ上げられるか。脚の回転を上げるには、どれだけ回転を妨げる事なく滑らかに脚が動くことが出来るかが勝負。

結局これも『ゆるみ』が基本。余計な筋肉の増強は邪魔にしかならない。『ゆるみ』を基本にして走り込めば、必要な筋肉は自然に発達するだろう。

この動きは、「歩く」と「走る」の境界線上を行く動きである。いずれにせよ、「立つ」「歩く」「走る」は、個々バラバラの事象ではなく、必要とされる行動の速度に応じた、からだ=『ゆるみ』の変容である。

ちょっと難しいけど、いまの私にはこれ以上に、かみ砕いた解説は難しい。

けれども、この説明は「どんなに歩いても疲れないし気持ち良い」「どんなに走っても疲れないし気持ち良い」そんな動きの可能性に繋がる。

そのためには『骨(骨格)の力』の解説を補わなければならないだろう。それはまたの機会に。

私は「歩くことも走ることも、本来は気持ち良く開放感を伴う動きだ!」と云いたいのだが。だから歩くこと走ることを苦にしている人にはとくにこの説明を理解して欲しい。

ここまで苦労して読んでくれたなら(理解できなくても構わない)、せっかくだから試しにこの回転ラインを意識しながら、歩いて(走って)みて欲しい。何かが変わるはず。


足先がどれだけ滑らかに円を描いて動けるか?が問われる動き。そのためには、股関節回りの『ゆるみ』が求められる。


posted by セトジマミツル at 16:00| Comment(0) | ストレッチ体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。