2011年09月04日

【骨】+【2】 正体を失う!

【骨】

この姿勢、上半身は力が抜けている。
(写真は動画【2】の途中)垂れ下がった上体を支える支柱は脚の骨である。脚の骨が自重を支えてくれれば、実は下半身の力も抜ける。

股関節から膝までの大腿骨、膝下には脛骨(けいこつ)、この二本の骨が継ぎ合わされて一本の柱となり、全体重を支えている。布団を物干し台に干し架けるように、左右一対の骨柱の上に股関節を折り目にして、下半身の肉布団と上半身の肉布団が振り分けられている。

burasage02_01.jpg

腰のところでからだを二つ折りに畳んで、雑巾のように物干しにぶら下がっていると云ったほうが分かりやすいかも。ともかく、脚の骨を支柱に股関節を支点として、からだ全体の中身が二つ折りになって、もたれ掛かっているのである。(実際のところは、脚の筋肉が垂れ下がってはいないが、当人はそんな感じで動いている。)

からだ全体の背面側は、自重によって引き延ばされる。上半身の背中側(尻・腰・背筋・首筋)、下半身は脚の裏筋(尻・腿・膝裏・ふくらはぎ・アキレス腱)の全てが、同時に伸張させられている。

この姿勢で膝を小さく屈伸して、支柱となる脚の骨を揺すぶってやれば、骨柱に乗せ架けられた肉布団は、風に揺れる洗濯物のように(或は弥次郎兵衛のように)、ユラユラと動き背面の緊張が緩んで行く。もちろん内臓やからだの全ての中身も『ゆ』るむ。からだはさらに重さに任せて深く垂れ下がる。

からだの体重や姿勢を支えるのは、筋力ではなく、骨の繋がりである。それも、骨格と呼ぶようながっちりと固定した構造物ではなく時々の姿勢(動き・運動)の様々な変化に応じて、自在に連携して新たに繋がりを作り出す、骨の力による。これが判らないとからだの力を抜くことが難しい。

骨の力を如何に利用するか。『ゆるみけーしょん』の大切な観点である。

一休禅師(いっきゅうさん)の骸骨の画を思い出す。人間の正体は骸骨だった!骨に負かせて「ひとやすみ(^O^)一休み〜♪)」

(前回の【肩凝り】、実は骨力を十分に利用できていないのを「肩肘張って」無理矢理に筋力=意志力で補おうとするのが一つの原因だと思う)






posted by セトジマミツル at 23:12| Comment(0) | ストレッチ体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。