2011年10月21日

ひらかれる

「言葉や表現は他によって引き出される。」これが原則。竹内敏晴はその著書名を『ことばが劈かれるとき』とした。「劈(ひら)く」ではなくて「劈かれる」である。自分で自分のこころをことばをからだを劈こうと努力することは間違え。ひらかれるためには、どうするか?


posted by セトジマミツル at 07:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。