2011年10月07日

ひらく

野口三千三の云う「貞く」と竹内敏晴の「集中」とは、同じ言葉(ことの端)。後戻りの利かない地点に立ち一歩を前に踏み出すこと。繰り返し自らを投げ出すことで、私は新たないのちを生きる。後戻りの利かない地点に立ち尽くすことが、何より難しい。前に進んでいるつもりで実は同道巡りしているのが我ら凡夫。それを劈く(つんざく・ひらく)ために「きく」。


posted by セトジマミツル at 07:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。