2011年10月07日

クラウン

竹内敏晴は「自己を越える集中」を私達に課した。「私は意志を信じない」とも行った。意志の持つ権力・支配力から「からだ」を解放し自己の内に巣くう因習を打破し、新たに世界に踏み出す。真に世界とまみえ、からだを主体として行動する。そこに自由がある。そのような自己存在を「クラウン」と呼んだ。また、「クラウン」のことを「世界の中で最も自分らしい自分」とも言った。その成立には「自己を越える集中」が必要と。


posted by セトジマミツル at 07:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。