2011年09月05日

歴史

からだ(姿勢・動き・動作)にはその人の生きて来た歴史が刻み込まれている。からだに関わることは闇の部分を含めて自分と云う存在に光をあてて、自分を在るがままに受け入れること。悲喜こもごも自分のまるごと全てを受け入れ慈しむこと。閻魔さまの鏡の前に立ち、自らの過ぎ越し日々を首肯すること。


posted by セトジマミツル at 05:00| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。