2011年09月28日

【姿勢・表現】+【8】 『前突き!〜☆』

【姿勢・表現】

からだは勢いの通り道である。す(素)のかたち(形)を姿と云う。
勢いに充ちた、そのひとならではの表現を、姿勢と呼ぶ。

『四股の姿勢』から、わずかに腰を落とす。全体重が地面にかかり、両足の裏から反動が帰って来る。腰を持ち上げずに堪(こら)えれば足腰に力が充ち、反動の勢いは、からだの内側を立ち登り、肩を通じて腕を抜けて指先から迸(ほとば)しり出て外部(の対象)に向かう。
勢いの通り過ぎた胴体は空っぽとなり、肩から先の腕は吹き流しのようにフワリと落ちる。



指先が突き出された瞬間に、からだ全体が静止しているのが分かるだろうか。一瞬ではあるが、大地に根を下ろしたようにからだ全体に力が充ちたまま静止している。この瞬間、指先から外部へと迸る勢いに拮抗する力が、からだ全体を充たしている。

からだ全体の表情からは、曖昧さや不透明さ・だらしなさが払拭され、からだ全体の輪郭がはっきりと立ち上がってくる。この在り様を舞台用語では、『からだが決まる』と云う。能舞台での演者はこのように、からだ全体に力を満たした状態で演技をしなければならない。これも舞台用語をつかえば、『からだの集中の次元が高い』状態と云う。

演劇に限らず、表現するということの基本は、自分の内側に在る感情やイメージを、他者に向かって顕(あらわ)にすることである。とくに自らのからだ=こころの深みに潜む、高いエネルギーをもった感情やイメージを外部に向かって表現することが求められるときには、それに拮抗して自己を支えるからだ全体の力が必要になる。

maetuki01.jpg

『前突き』の動きには、自己を表現するためのからだの原理原則が含まれている。

自分の内側を表現しようとするなら、表現(行動)の対象にに向かってからだ全体でもって集中すること。
そして自分の深みを表現するならばその内容のもつ勢い(エネルギー)に拮抗するだけの力を、からだが持てなければならない。
表現の通り道としてのからだは緊張によってその通路が閉ざされることの無いように、日常的なからだの自己イメージを超えて大きく広く支えられ、開け放たれていなくてはならない。
そのためには集中への準備段階として、からだ全体が変化に対して自在に動き対処できるよう、緊張を『ゆるめて』解きほぐしからだの感覚を研ぎ澄ませておかねばならない。

結論を少々急ぎすぎ、舌足らずかも知れないが、、、、「真実本当の自分を表現したいと思うならば、日常的な力ずくの表層的な頑張りでは到達できない、より深い次元でのからだの集中が求められる。表現をする喜びと開放感はここにある。」と、私は思っている。





posted by セトジマミツル at 03:10| Comment(0) | ストレッチ体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

【知恵】+【9】 『お尻の妙なる響き』

【知恵】

お尻を敲(う)ったあと、投げ出された足・脚・肢の動きの勝手気儘なこと。投げやりとも云う。
足・脚・肢の力が抜けているので、脚先は落ちた勢いで跳ね上がる。脚の向くまま、脚任せである。



現代人は、手先と頭の知恵を偏重し過ぎて、からだとこころのバランスを崩していると私は考えている。

からだの知恵、特に足腰の賢さを犠牲にしてしまったために足元が覚束ない。そのためいつも不安が治まらない。
なんとかして安定を得ようと、頭の知恵で「余計なもの」を次からつぎへと作りだしてその場しのぎをしている。肝腎の「足が地に着かない不安感(心)」を省みることは無い。このままだと人間自体が「余計なもの」になりそうな勢いだ。

足腰に知恵があるか?と云われそうだが、歩く知恵、立つ知恵、子供を産む知恵、食べ物を消化吸収排泄する知恵、etc、etc。いくら知脳が大切だからといって、脳みそが歩くわけではない、子を産むわけもない。頭の知恵や手先の知恵も含めて、からだ全体の知恵が対等に関わりながら協力し、安定を保っていくこと、それが本来の人間の在り方ではないだろうか?

では足腰の知恵を育てるには、どうしたらよいか?多くの人は、筋トレを思い浮かべるだろう。スポーツやウォーキング、ヨガなど、筋肉を鍛えることが必要と思うのではないだろうか。筋トレ・脳トレと鍛えることが流行っているが、私は基本的に、筋肉を鍛えることには反対である。私はからだの感覚(感受性)を育てることを大切にしている。

足腰にも足腰ならではの言い分がある。その声に耳をかたむけることなく、我武者羅に筋肉を鍛えたり柔軟運動を無理強いすれば、足腰の知恵は黙殺される。逆に、足腰ならではの言い分を受け入れさえすれば、足腰は状況に応じて自身の知恵を発揮して、的確な感覚と筋肉を発達させる。

私は筋肉を鍛えることはしないで、こんな動きを丁寧に繰り返す。

siriut_01.jpg

これは筋トレの逆、云わば「脱力系」の運動である。

手先と頭の知恵を偏重するということは、胸から上とその前面に感覚(知覚)が集まってしまい、それ以外のからだの感覚が無視され、その言い分が注意(意識)の圏外へ置かれてしまうことである。また足腰が力んで緊張すれば、感覚(感受性)は働かなくなる。鍛えるという考えや緊張努力を捨てることを大事に、この動きをやってみる。足腰の動きの様々な変化にまかせて、からだ全体の緊張をゆるめる。

この動きが気持ちよく出来るようになってくると、脚全体の、地面の変化への感受性が豊かになる。歩くときに踏み出す一歩一歩が、それぞれに瑞々しい新たな一歩となる。歩くことが心地良くなり、余計なものの何も無い、歩くこと自体の安心感と満足感が得られるようになる。

満足を足を満たすと読むと面白いかもしれない。からだの知恵に足を満たして心安らぐ動きだ。『脱力系ゆるみけーしょんトレーニング』なんて云う呼称も好いかも。


posted by セトジマミツル at 01:25| Comment(0) | ストレッチ体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

【満点】+【10】 『膝で胸を打つ』

【満点】

これです!この脚!動画から切り出したこの画像を見た瞬間、言葉を失いました。脚の感じが良いのは分かるんですが、何がどう良いのかは上手く言葉にならない。画像を見ていると、何とも云えない手応えみたいな感じが自分の中には在るのに・・・無言。まさに日本語の「云うこと無し!」=「OK!」。

muneuti.jpg

で、blogの記事を書き出すまでに数日が過ぎました。

おそらく、自分自身にとって本当に良いものに出会った時って、こういうものなのだろうと思いました。
直ちにあれこれ説明や解釈が出来たり、「素敵〜!」なんて直ぐさま言葉に出来るのは、自分の都合や好みで良し悪しを判定しているに過ぎないのです。「息を呑む」という大切な出会いを現わす日本語があります。呑み込んだ息を吐いて言葉になるまでには時間が必要になります。

写真ですが、この足・脚・肢はまるで樹木の幹のよう。足裏は地中に根を張ったように地面にピタリと吸い付き、脚はどこも突っ張ったり頑張ったりすることなく、すんなりと伸びやか。幹(体軸)は脚から股関節を越えて胴体を貫いて、枝葉が風に酷く煽られても「どこ吹く風」で不動のままと云う感じ。

それにしてもいい脚です。100点!
からだのことは、自分で満点付ければいいんです。ただし基準を外部に求めないこと、いいと思えればそれで良いんです。
もう一つ、100点付いたら、後生大事に仕舞い込んだりしがみ付いたりせずに捨てちゃうこと。捨ててもどこかに行きはしませんから。それに満点にしがみ付いていると、新しい満点が出てこなくなりますから。




posted by セトジマミツル at 23:50| Comment(0) | ストレッチ体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。